更新 : 2015/01/24
公開 : 2003/07/10
写真 > 車両 > サイリスタチョッパ制御試験車・サヤ8001号
サイリスタチョッパ制御の試験車として活躍したサヤ8001号の写真を紹介します。
8124編成の中間に連結されたサヤ8001号。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
サヤ8001号は、サイリスタチョッパ制御の実験のために作られた試験車でした。試験は日立製の機器を積んで行われました。もとは特急車デハ10系の増備一般車版であるデハ1201形デハ1202が戦後の大改番でモハ5451となった車輌であり、3050型に更新して不要になった車体だけを利用しました。2段窓ですが、屋根上のお椀形ベンチレーターと側板すその切れ込みが「東武タイプ」の香りを残していました。
試験車に改造するにあたって、手持ちの釣合梁(イコライザ)式台車(おそらく直前に廃車された、旧下野電鉄モハ1600形のものではないかと思われる)をはかせました。制御器を積んでいますが電動車ではありませんでした。チョッパ制御器など主要機器は車内に搭載されており、8000型4両固定の8124編成のモハ8224とモハ8324の中間にはさみ、1974(昭和49)年、東上線で試験が行われました。形式名の「8000」はここから来ているものと思われます。試験終了後はすぐ廃車となり、解体されました。
森林公園検修区にて
上り方から見た8124編成とサヤ8001号。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
下り方から見た8124編成とサヤ8001号。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
海側から見たサヤ8001号の車体側面。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
山側から見たサヤ8001号の車体側面。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
サヤ8001号とモハ8224号の連結部。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
形式 ・ 車番 ・ 社名。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
形式 ・ 自重 ・ 換算と検査標記。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
サヤ8001号の車内のようす。
撮影日 : 1974年6月
撮影地 : 東武東上線
撮影者 : 東武電車フォーラム( A )
も ど る