更新 : 2012/06/18
公開 : 2012/06/18
列車 > 特急「さだみね」
東上線で運転されていた特急「さだみね」号について紹介します。
 ● 池袋駅で発車を待つ特急「さだみね」号
 ■ 撮影日 : 1985年頃
 ■ 撮影地 : 東武東上線
 ■ 撮影者 : 東武電車フォーラム
 東武東上線で運転されていた特急「さだみね」号は、1959(昭和34)年に行楽急行として登場し、1971(昭和46)年に現在の急行の運転開始にあわせて特急に格上げされた列車でした。池袋〜小川町間を結んでいた列車で、休日に上下各2本運転されていた時期もありましたが、1979(昭和54)年11月8日のダイヤ改正で毎日運転されていた「みつみね」号の平日運転が廃止されたため、「さだみね」号が平日の特急列車として運転されるようになりました。
 1991(平成3)年12月9日のダイヤ改正で実施された土曜ダイヤでは、上り列車のみ運転されていましたが、1992(平成4)12月1日のダイヤ改正で愛称特急の運転が廃止となり、2005(平成17)年3月17日のダイヤ改正で平日運転の特急が廃止されました。
停車駅および運転時刻
下り列車 駅 名 ダイヤ改正日
1977年10月21日 1979年11月8日 1985年10月22日 1987年8月25日 1989年10月24日 1991年12月9日
休日 平日 平日 平日 平日 平日 土曜
池    袋 7:50 発 8:50 発 8:50 発 9:00 発 9:15 発 9:00 発
志    木 8:08 発 9:09 発 9:08 発 9:18 発 9:34 発 9:22 発
川    越 8:19 発 9:22 発 9:23 発 9:32 発 9:47 発 9:37 発
川 越 市 8:21 発 9:25 発 9:26 発 9:35 発 9:49 発 9:40 発
坂    戸 8:30 発 9:33 発 9:35 発 9:43 発 10:00 発 9:50 発
東 松 山 8:39 発 9:42 発 9:44 発 9:53 発 10:11 発 10:00 発
森林 公園 8:43 発 9:47 発 9:48 発 10:04 発 10:16 発 10:04 発
武蔵 嵐山 9:51 発 9:52 発 10:09 発 10:21 発 10:09 発
小 川 町 8:55 着 9:59 着 10:00 着 10:17 着 10:28 着 10:16 着
上り列車 駅 名 ダイヤ改正日
1977年10月21日 1979年11月8日 1985年10月22日 1987年8月25日 1989年10月24日 1991年12月9日
休日 平日 平日 平日 平日 平日 土曜
小 川 町 18:26 発 16:48 発 16:48 発 15:29 発 15:30 発 15:30 発 15:32 発
武蔵 嵐山 16:55 発 16:55 発 15:37 発 15:39 発 15:39 発 15:39 発
森林 公園 18:39 発 17:01 発 17:01 発 15:51 発 15:49 発 15:49 発 15:49 発
東 松 山 18:42 発 17:04 発 17:04 発 15:54 発 15:53 発 15:53 発 15:53 発
坂    戸 18:51 発 17:13 発 17:13 発 16:03 発 16:02 発 16:02 発 16:02 発
川 越 市 19:00 発 17:22 発 17:22 発 16:12 発 16:12 発 16:12 発 16:12 発
川    越 19:02 発 17:24 発 17:24 発 16:14 発 16:14 発 16:14 発 16:14 発
志    木 19:14 発 17:36 発 17:36 発 16:27 発 16:28 発 16:28 発 16:27 発
池    袋 19:32 着 17:54 着 17:55 着 16:49 着 16:47 着 16:48 着 16:47 着
※ 1977年10月21日改正(1979年4月9日変更)
ヘッドマーク
 特急「さだみね」号のヘッドマーク
 左の画像の逆台形ヘッドマーク時代の特急「さだみね」号には6両編成の8000型が使用されていましたが、1983(昭和58)年8月22日のダイヤ改正から池袋〜小川町間の特急列車が8両運転となり、 10000型が使用されることもありました。
 1987(昭和62)年11月からは、車両前面の種別幕で列車の種別と愛称を表示するようになったため、ヘッドマークの掲出は廃止されました。1989(平成元)年10月24日のダイヤ改正から10両運転となったので、9000型が使用される機会もあったのかもしれません。
も ど る